お店

一生お付き合いできる楽器屋さん @中津

投稿日:2015年4月15日 更新日:

阪急中津駅から見える楽器屋さん

阪急中津駅から梅田を向いて右を向けばがんこ寿司の看板がある三角のビルがあります。
オンユー楽器
オンユー楽器4階に楽器の新品販売やリペア(修理)をされている楽器屋さんがあって以前からTwitterでやりとりをさせていただいてたんですが、1度取材させてくださいとお願いすると快諾していただけましたので取材に行ってきました。オンユー楽器さんと言うお店です。阪急中津駅から国道176号線を挟んで向かい側、入り口にはこの看板があります。また2枚目の写真のようにエレベーターは一瞬ビックリします。4階に上がると入り口には大きな看板があります。やっぱり目的を持ってくるお客さんが多い店って感じです(笑)

こだわりのお店は便利な場所にない

梅田から離れた中津でされる店と言うのはどちらかと言うと自分のスタイルを確立されていてお客さんがやや遠くても来ていただけるお店さんが多いです。オンユー楽器さんも取材をするとそういうスタイルでやっておられて、以前は梅田の茶屋町の人通りの多いところでされていたそうですが、茶屋町の再開発で場所を移転しないといけない時に同じ梅田でやるより、ちょっと遠い中津を選ばれたそう。それでも駅から近いから便利なところなんですけどね。
オンユー楽器
プロの演奏家として活躍もされていた店員さんが接客や修理をされていらっしゃるので、販売形体やその後のアフターフォローは特にこだわってるのが取材しながらもひしひしと伝わってきました。お店に色々陳列して、予算に応じて楽器をすすめるのはもちろん演奏のスタイルやこだわりなど聞いてそれに応じて楽器をすすめることもできるのでどんどんお話してくださればお客様が求めているであろう1本に出会う機会を手伝いますと。また同じ楽器でもロットによって出来不出来が違うのでそういったところもきちんとフォローしたいと。すごい・・・
そんな販売スタイルから、知り合いからの紹介によるお客さんが多いそうです。また売った楽器はとことん面倒見ますとのお言葉通りに絶大の信頼をおいているお客さんも多く最近では昔楽器を販売した方が親の世代になって子供たちのためになんてのも増えてきているそうです。

今失われつつある販売スタイル

取材を受けて思ったのが、同じ製品は必ずではないこと、特に楽器などは同じ材質でも微妙に音などに影響することがあるそうで、ワインもそうですが、同じ名前でも凄く変わることもあるそうです。そんな微妙な変化もきっちりと感じ取りお客さんにアドバイスしてくださるようです。
楽器の塗装やネックなどが痛んだら、新しいものをすすめずにできるだけ修理するようにお手伝いする。古い楽器は色々な思い出をもっているお客さんが多いそうです。楽器も長く付き合っていると自分の子供のような存在になりますもんね。出来る限りリペアしましょと言ってくれるお店って素敵ですよね。また楽器をオーダーメイドで作ってくださったりもします。オーダーメイドで楽器どんなのでしょうね。
店員さんに今のスタイルを話してそれに応じて楽器を紹介してもらいたいそんなやり取りをして楽器を購入したいという方是非行ってみてください。

【おまけ】自分の好きなことを天職としてやってはる人ってほんとに輝いているしオーラがありますね。こういう方々とお話するとそんなオーラのおすそ分けをもらえるようで楽しいしうれしいです。お忙しい時間ありがとうございました。

店名:オンユー楽器 中津店
住所:〒531-0071 大阪市北区中津6-1-13 中津ビル4F
ホームページ:オンユー楽器
facebook:オンユー楽器
twitter:オンユー楽器大阪中津店(リペア部門)

大阪市北区中津6-1-13

The following two tabs change content below.
平井 裕三(管理人)
大阪市北区に住む梅田の北の住民。北区内の情報だけでなく、北区民が移動する範囲でみつけた面白いもん、歴史的価値があるものをできる限り調べて発表。元鉄ちゃんなので鉄分も多め。北区発行のフリーペーパーつひまぶの編集にも参加している。

スポンサーリンク


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

-お店
-,

Copyright© 梅田の北っかわ!(うめきた) , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.