まち歩き 歴史

JRのガードに残る機銃掃射跡!

投稿日:2014年8月15日 更新日:


日は終戦記念日です。戦争経験者が減ってきて戦争の悲惨さを聞ける経験が減ってきた今集団的自衛権の問題は今後の日本の方向性を決める重要な意味があると思います。と言うことも加味し、戦争の傷あとを今にも伝える場所を紹介いたします。場所はJR神戸線(東海道本線)のガードです。場所は線路横を高架沿いに歩いていける一番遠いガードのコンクリートに見ることができます。
最初私はコンクリートのデコボコがいつからか米軍の飛行機の機銃掃射跡に変わったんだろうと思ったんですが、福島区のホームページにきちんと掲載されていたので本当なんでしょう。
リンク:わがまち福島区 鷺洲小学校区で紹介されています。

東海道線の橋脚(きょうきゃく)には、昭和20(1945)年6月の空襲で米軍攻撃機による機銃掃射(きじゅうそうしゃ)の弾痕(だんこん)が残っています。

1945年6月7日の空襲の時、戦闘機P51の機銃掃射を受け亡くなられた人もいると聞いたことがありますのでその時のものでしょうか。
あまり有名ではない場所でカメラを橋脚に向けているとなんだろう?みたいな顔で見られます。良い思いでも悪い思いでも昭和の香りの物は減ってきているのでもっと伝えていかなければいけないのではないでしょうか。

ガード多いのですが、線路沿いに歩くとこお高架橋で一旦線路沿いには歩けないからわかりやすいかもです。神戸向かって左側は5枚目の画像の鷺洲北公園があります。

名称:JR西日本神戸線(東海道本線) 西池架道橋
住所:〒553-0002 大阪市福島区鷺洲6-1付近もしくは〒531-0075 大阪府大阪市北区大淀南3丁目12-4付近の間

The following two tabs change content below.
平井 裕三(管理人)
どんな時でも楽しく人生の達人(Master of Life )を目指し、かまやつひろしの「どうにかなるさ」を口ずさむ40代のおっさん。 個人の活動はMaster of Life』で発信中。上の名前をクリックするとjumpします。

スポンサーリンク


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

-まち歩き, 歴史
-, , ,

Copyright© 梅田の北っかわ!(うめきた) , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.