暮らす 子育て

大阪市の学校給食問題

投稿日:2015年3月2日 更新日:

大阪市の学校給食問題は以前から話題になっていましたが、先日

2月27日に行われた大阪市議会の代表質問で、橋下徹大阪市長(大阪維新の会代表)と民主系市議団の福田賢治幹事長が市立中学校の給食事業をめぐり論戦になった。福田市議は「『給食ちゃうで、餌やで』という子供がいる」と述べて味が不評であることを強調。これに橋下市長は「僕の子供が言ったら、大激怒だ」と反論し、逆に子供への「食育」の必要性を訴えた。

と言う記事を見ました。生徒の発言に市議愕然、橋下氏「ご飯一粒残したら、親に怒られた。食育を」産経 WEST

橋下さんは「温かい汁物やカレーなども出している。僕の子供が『餌だ』と言ったら大激怒する。飽食時代を象徴しており、国の崩壊につながりかねない。食育をして、教育しなおすべきだ」と猛反発。

この記事だけ見れば橋下さんの言うことはもっともだと思うかもしれません。しかし、ネットで見かける大阪市の学校給食の画像って・・・
kyusyoku
これってアイコラとかでなくほんとなんでしょうか?話題には良く上っているのでおそらくこんな感じなんだろうとは思いますが、これってまるでグルーポンのおせち並みと揶揄る人がいますが、さすがに言い過ぎとは言いだせないくらいです。

グルーポンのおせち

グルーポンのおせち


グルーポンのおせち知らないかたはこちらを参照してください

橋下さんは食育っていいますが、本当の食育とは旬のものを旬の時期に一番おいしい食べ方で食べるもしくはそれを理想に掲げてなるべく頑張ることではないかと思います。
ピーマンや人参嫌いな子供が多いのもきっとまだ熟れていない状態の苦いだけで甘くないピーマンなどしか食べる機会がなかったからではと思います。
大阪市の学校給食だけがたたかれるのではなく他の所でも給食など大量調理する施設には大量調理施設衛生管理マニュアルってのがあります。たしかに何かあったら手遅れで大問題と言うのもわかりますが、野菜を生で出す時には流水後に次亜塩素酸ナトリウムにつけて殺菌するというのも衛生上わからなくはないですが、味もかわるし、有機野菜とかしか食べない方たちから見れば発狂もんですよ。
つばつけたら直るとか、落ちたたこ焼きは3秒ルールなとか言ってた頃が懐かしい。

The following two tabs change content below.
平井 裕三(管理人)
どんな時でも楽しく人生の達人(Master of Life )を目指し、かまやつひろしの「どうにかなるさ」を口ずさむ40代のおっさん。 個人の活動はMaster of Life』で発信中。上の名前をクリックするとjumpします。

スポンサーリンク


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

-暮らす, 子育て
-, ,

Copyright© 梅田の北っかわ!(うめきた) , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.