まち歩き 歴史

八重垣大明神 @扇町公園

投稿日:2015年2月5日 更新日:


扇町公園の南端、阪神高速道路扇町ランプ(守口線専用)のすぐ横。「八重垣大明神」と呼ばれている柵で囲まれて参拝できないお宮がある。絶対にこの道通っているけど知らなかったという人多いはずです。ドラクエならLVアップして鍵を見つけてから来れば「虹のしずく」でもゲットできそうであるが、残念ながらそれは無理だと思います。
 この「八重垣大明神」の由緒は、徳川2代将軍秀忠の時代、この堀川端(扇町界隈の旧称)の荒野に、仕置き場(刑場)が設けられており、伝説によれば、当時、堀川の渡し守の息子、与八と、浪速屋の娘お糸は恋仲であったが、もう1人お糸に恋心を抱いていた、十三郎という男が、ある時、この2人の仲を恨んで斬りつけ、与八は即死、お糸も重傷を負いました。
 十三郎は捕らえられて死刑に処せられますが、お糸は恋人を亡くした悲しさからか、傷が癒えたにも関わらず、与八のあとを追って自害します。
 お糸は、余りにも不憫な己の身の上をふりかえり、「このままでは死にきれない、悪霊となっていつの世までも堀川林の恋を呪って…」と言い残して死んだといいます。
 その呪いのためか、それから70年後、八重垣姫と吉五郎の悲劇もここで繰り返されたといいます。この時の八重垣姫の霊を祀ったのが、八重垣大明神です。かつては扇町公園内にあったそうですが、阪神高速道路の建設に伴い現地に遷されましたが、なんで参拝できないのでしょうか?きっとそうに違いない。

名称:八重垣大明神

〒530-0025 大阪府大阪市北区扇町1丁目1

The following two tabs change content below.
平井 裕三(管理人)
大阪市北区に住む梅田の北の住民。北区内の情報だけでなく、北区民が移動する範囲でみつけた面白いもん、歴史的価値があるものをできる限り調べて発表。元鉄ちゃんなので鉄分も多め。北区発行のフリーペーパーつひまぶの編集にも参加している。

スポンサーリンク


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

-まち歩き, 歴史
-,

Copyright© 梅田の北っかわ!(うめきた) , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.