まち歩き 歴史

鷺洲二之橋(仮称) 長柄運河跡

投稿日:2014年9月26日 更新日:


老江と言えば阪神高速3号神戸線で神戸から大阪に向かって環状線が込んでいる時に海老江で降りるかくらいの地名認識がありませんでしたが、今も下町風情が残る町です。特に石畳は他の町には無く石畳と言えば海老江を思いつく方が多いそうです。
そんな海老江ですが淀川沿いに鷺洲二之橋(仮称)があります。海老江の淀川沿いはJR東海道線と国道2号線(地下をJR東西線が走っていますが)の間です。ほど中間点やや2号線淀川小橋よりにこの橋があります。

長柄運河跡にはこのタイプ下路平行弦ワーレントラス橋が6本あります。トラス橋とは細長い部材を両端で三角形に繋いだ構造でありそれを繰り返して桁を構成する橋のことです。画像のように6本ある橋の中でこの橋だけが階段が90度に曲がって降りています。階段の真ん中にポールがあるのも特徴的です。工事跡から見て最近の施工(と言っても平成はいってから)に見えます。淀川沿いの道路をまたがない唯一の橋です。この橋の横には運動場もあり日曜日は大体野球の練習などでにぎわっていますし今は貴重な公衆電話BOXがあり、この組み合わせでも懐かしさがでるので不思議です。また公衆電話と反対側は木がありこれも特徴的です。この橋も明確に名称が書かれたプレートは存在しません。おそらく川上から豊崎一、二、中津一、ニと鷺洲一があるのでこの橋が「鷺洲二之橋」なんだろうと言う事でみなそう呼んでいるんでしょうか。
ここから先は淀川沿いの道は狭くなっていて一方通行になっており迂回しないと下流へは行けません、手前で淀川の堤防に出る道があるのでそれを利用されると淀川大橋、小橋の付け根にでます。

大正生まれのこの橋はできた当時は江戸の名残を消す近代的な建造物だったんでしょうが、平成の今は昭和の名残を今に残す貴重な存在になっています。

名称:鷺洲二之橋(仮称)
住所:〒553-0001 大阪市福島区海老江3-21-23付近

The following two tabs change content below.
平井 裕三(管理人)
どんな時でも楽しく人生の達人(Master of Life )を目指し、かまやつひろしの「どうにかなるさ」を口ずさむ40代のおっさん。 個人の活動はMaster of Life』で発信中。上の名前をクリックするとjumpします。

スポンサーリンク


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

-まち歩き, 歴史
-, , ,

Copyright© 梅田の北っかわ!(うめきた) , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.