つぶやき 個人的メモ

20時頃大阪の上空から聞こえたのが「アポカリプティックサウンド」っていうやつ?

投稿日:2018年1月31日 更新日:

突然大阪上空に大きな音がした

2018年1月31日20時ごろ大阪上空に大きな音がした。戦闘機?ミサイル?などうわさされました。

スポンサーリンク

しかし、戦闘機らしい飛行機が飛んだわけでもなく謎だけが残ります。

これがどうも「アポカリプティックサウンド」らしい

この音こそが、アポカリプティックサウンドらしいのです。

『アポカリプティックサウンド』とはから聞こえる不吉な音。どこから来ている音なのか全く不明な音なんだそうです。

世界中あちこちで目撃聞かれていてその音はyoutubeにもあがっています。

聖書に記された世界の終わりを告げる音

新約聖書の「ヨハネの黙示録」の中にはこのように記述されています。

七人の天使がラッパ(トランペット)を吹く(8章6節-11章19節)
第一のラッパ:地上の三分の一、木々の三分の一、すべての青草が焼ける
第二のラッパ:海の三分の一が血になり、海の生物の三分の一が死ぬ
第三のラッパ:にがよもぎという星が落ちて、川の三分の一が苦くなり、人が死ぬ
第四のラッパ:太陽、月、星の三分の一が暗くなる
第五のラッパ:いなごが額に神の刻印がない人を5ヶ月苦しめる
第六のラッパ:四人の天使が人間の三分の一を殺した。生き残った人間は相変わらず悪霊、金、銀、銅、石の偶像を拝んだ
天使に渡された小さな巻物を食べた。腹には苦いが、口には甘い
二人の証人が殺されるが生き返る
第七のラッパ:この世の国はわれらの主、メシアのものとなった。天の神殿が開かれ、契約の箱が見える。

(引用:Wikipedia/ヨハネの黙示録)

ちなみにこの音が聞こえた枚方・高槻から大阪市は伊丹空港や関西空港・神戸空港などの管制空域なんですが、時々風の強い日は梅田の上を飛行機が飛ぶことはありますが、淀川に沿って飛ぶようなことはありません。

現代でもなんでこんな音が鳴るのか解明されていないのでしょうか。なんとも不気味ですね。

The following two tabs change content below.
平井 裕三(管理人)
どんな時でも楽しく人生の達人(Master of Life )を目指し、かまやつひろしの「どうにかなるさ」を口ずさむ40代のおっさん。 個人の活動はMaster of Life』で発信中。上の名前をクリックするとjumpします。

スポンサーリンク


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

-つぶやき, 個人的メモ

Copyright© 梅田の北っかわ!(うめきた) , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.