つぶやき 個人的メモ

市バスの帰る家(営業所)を当てよう

投稿日:

大阪駅のターミナルにひっきりなしに来る大阪市バス。これら市バスは当たりますですが、帰る家(車庫)があります。市バスは帰る車庫が所属の営業所で、実は車庫ごとに所属が分かれているのです。
一番わかりやすいのは『車庫行きのバス』自分の所属する家に向かうのですからこれはわかりやすいです。(注:実は所属でない車庫に行くバスがあることが判明!ビックリです。追記:読者の方にコメントをいただき衝撃の事実が判明!答えは下に)
このバスは井高野車庫行き、つまり井高野営業所所属のバスということになりますね。

同じくこちらも車庫行きこちらは此花区の酉島車庫行きです。

この他にも大阪市バスの車庫は

  • 中津
  • 守口
  • 住吉
  • 住之江
  • 鶴町

などがあります。蛇足ですが、守口営業所は大阪市街外にありますが、気になる方はその理由を調べてみると面白いかもです。

スポンサーリンク


このバスがどこの営業所所属なのか、車庫行きでないと分からないと思うでしょう。実は見分け方があるのです。

路線でどこの営業車か当てる

最初にあげましたが、これは究極の方法です。マニアの世界です。でももっと別の方法があります。それは、バスの後ろか降車ドア(前方ドア)の右上をみるのです。
大阪市バスを後ろから見ると

降車ドアをみると

なんとなくわかりました?

スポンサーリンク


わからないですか?

そうです。この〇の中に書いてあるのが営業所なのです。
例えばこの〇の中に『守』は守口営業所
〇の中に『井』は井高野営業所
〇の中に『中』は中津営業所
では、この『ツ』はどこでしょうか?このバスが天保山行きなのでそっち方面の車庫ですね。

と言う風にこのバスの帰る家(所属している営業所)がわかります。

と、思ってました。うん、そう思うよね。でもこの法則をマスターしたと帰ろうと思った時に彼はきました。

LEDの表示が撮影の具合でかけてますが、このバスは「守口車庫行き」なのですが、所属は〇に『井』なので井高野営業所です。

う~ん。市バスの世界は奥深い。

なにわ 230のいすゞ エルガは井高野から守口に移籍したバスであることが判明しました。コメントくださったあすかさんありがとうございます。

この答えを知ってる方是非教えてください。
すっきり!

The following two tabs change content below.
平井 裕三(管理人)
どんな時でも楽しく人生の達人(Master of Life )を目指し、かまやつひろしの「どうにかなるさ」を口ずさむ40代のおっさん。 個人の活動はMaster of Life』で発信中。上の名前をクリックするとjumpします。

スポンサーリンク


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

-つぶやき, 個人的メモ

Copyright© 梅田の北っかわ!(うめきた) , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.