まち歩き 歴史

淡路側にもあった阪急新大阪駅連絡線の遺構

投稿日:

阪急新大阪駅の遺構

以前紹介した阪急新大阪駅(阪急新大阪連絡線)の遺構ですが、JR新大阪駅にあった橋桁や北方貨物線をまたぐ桁などが有名です。

2016年現在も探せばいろいろな遺構が見つかります。まずはこれ
shin
ここはどうみても電車が新幹線の橋脚をくぐる予定地。新幹線の工事は阪急の案を加味していたのがわかります。しかもこの駐車場の名前が阪急新大阪駅南駐車場という名前です。

スポンサーリンク


ここを阪急が通る予定だったのは歩けばあわかります。
han
通る予定だった阪急を思い描きながら歩くのはいかがでしょうか
ume

The following two tabs change content below.
平井 裕三(管理人)
大阪市北区に住む梅田の北の住民。北区内の情報だけでなく、北区民が移動する範囲でみつけた面白いもん、歴史的価値があるものをできる限り調べて発表。元鉄ちゃんなので鉄分も多め。北区発行のフリーペーパーつひまぶの編集にも参加している。

スポンサーリンク


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

-まち歩き, 歴史
-,

Copyright© 梅田の北っかわ!(うめきた) , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.