暮らす 節約

野菜が高い時の野菜を買う一つの方法

投稿日:

北海道に台風が直撃して野菜の値段に影響が出ています。また今後の昆布の収穫量などにも影響がでてきそうです。

野菜高いですね。ニンジンが1本150円なんてびっくりします。こんな時は野菜をどこで買えばいいんでしょうか。

スポンサーリンク


休みの日に時間が取れれば郊外に走って地元の野菜を販売している野菜直売所で買われてはいかがでしょうか。

大阪周辺にも地元の野菜が並ぶ直売所がたくさんあります。

茨木市にある見山の郷

茨木市にある見山の郷

理由は市場を通らない流通だからです。

野菜の流通はとてもうまくできていて産地からの出荷された野菜や果物の入ってきた数と欲しい数で値段が決まります。

今回のように野菜が大阪に入ってくる数が少ないと去年と同じ消費量だとしても取り合いになるので値段があがります。

そしてニンジンや大根、たまねぎ、ジャガイモを大量に作っている北海道がダメージを受けたために、どれも値段があがり他の産地の野菜も値段が上がります。

しかし、直売所はちょっと違います。市場の値段は毎日変わりますが、直売所の値段の付け方は毎年この時期にこの野菜100gこれくらいと言う固定した値段をつける所が多いです。みなさんも直売所に行ってこれむっちゃ安くない?と思ったことありませんか?

逆もあります。豊作で野菜の値段が暴落してるのに直売所の値段が高かったと言うものです。

市場での取引値段って実は誰でも見ることができまして下記のサイトでわかります。(ちょっとコツがいりますけどね)これをみればこの野菜はどこ地域からどれくらいの量が入ってきて、全体的な量はこれくらいと言うのがわかるんです。すごいですね。

例えば人参が今1本150円と言われていますが、府内の直売所では3本100円で売られています。タマネギも3つ150円~200円です。

ただしすぐに売り切れるのと、買いに行くのにガソリン代など諸経費がかかります。

野菜を買いに行くと言うのではなく家族で郊外に出かけて野菜も買おうと言うのがいいですね。

そして目当ての野菜が売ってなくてもカリカリしない、あったらラッキーくらいの気持ちで。

同じ値段でも新鮮だし、野菜をつくってる土地に実際いけるのですから子ども達への食育になりますね。

また普段は手の出ない有機野菜なんかも流通量に影響されにくにで同じ値段なら有機野菜を買うと言う方法もあります。いつも有機野菜買ってる方からは怒られそうですが^^;

茨木市見山地区

茨木市見山地区

大阪府下にはいろいろ直売所ありますが北では茨木市・箕面・能勢あたりが近いしいいですね。

大阪市内から車で1時間圏内でも探せばけっこうありますね

近くにはおしゃれなカフェもありますよ

The following two tabs change content below.
平井 裕三(管理人)
大阪市北区に住む梅田の北の住民。北区内の情報だけでなく、北区民が移動する範囲でみつけた面白いもん、歴史的価値があるものをできる限り調べて発表。元鉄ちゃんなので鉄分も多め。北区発行のフリーペーパーつひまぶの編集にも参加している。

スポンサーリンク


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

-暮らす, 節約
-,

Copyright© 梅田の北っかわ!(うめきた) , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.