子育て

死をテーマにした絵本「このあとどうしちゃおう」

投稿日:2016年9月4日 更新日:

りんごかもしれないの作者ヨシタケシンスケ氏が書いた死をテーマにした本

以前我が家ではまっている本としてヨシタケシンスケ氏のリンゴかもしれないを紹介いたしました。

そして「このあとどうしちゃおう」と言う本が出ました!

この本はおじいちゃんが死んだあとベットの下からおじいちゃんが生前に書いた死んだ後を想像して書いた「このあとどうしちゃおう」と言うノートが出てきたと言う話です。

スポンサーリンク

今までになかった「死」をテーマにした絵本です。「縁起でもない」と遠ざけられていた死に対することをもっと気軽に話せるようになってもいいのではと

確かに大事な人を失っときにその死をどう乗り越えるか、その選択肢が増えればいいなと思います。

この本を娘は声を出して笑いながら読みます。そして面白いと言います。
konoato

死と言うことにきちんと向き合えたらこういう本ありだと思います。

The following two tabs change content below.
平井 裕三(管理人)
どんな時でも楽しく人生の達人(Master of Life )を目指し、かまやつひろしの「どうにかなるさ」を口ずさむ40代のおっさん。 個人の活動はMaster of Life』で発信中。上の名前をクリックするとjumpします。

スポンサーリンク


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

-子育て
-, ,

Copyright© 梅田の北っかわ!(うめきた) , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.