食べる・のむ

シンガポールで好きだったペーパーチキンがなんと大阪市北区で食べれることが判明!

投稿日:2016年5月24日 更新日:

最近行ってないけどシンガポールにヒルマンってレストランがあって

私が最後にシンガポールにいったのはまだ空港にMRTが伸びていないころ、セントーサ島も一部建築中だったような。(最後に行った時は確かマーライオンタワーができていた)

スポンサーリンク


ハードディスクがぶっ飛んであの頃の思い出は妄想するしかなくなりましたが、シンガポールは私に食べる欲望食欲を与えてくれた町だ。
今では日本でも有名になったチキンライス、日本のケチャップのチキンライスと区別するためにシンガポールチキンライスや海南鶏飯なんて書くが、庶民派の文東記やリッチにチャターボックスでまた天天と言うお店もたまらなく好きでした。2002年頃にロイヤルホストがチャターボックスのチキンライスを期間限定で販売していましたが、あの時は通った(笑)当時はまだ知名度が低かったので今ネットで調べてもその時の様子はほとんどない。
そんなシンガポールでチキンライスと同じくらいに楽しみしていた食べ物がいくつかあります。
そのうちの一つが今日紹介するペーパーチキンです。確かカントンメンロードにあって今は知らんけど中国語で注文をしないとだめでした。確か2002年に行った時はブギスの西友の近くの店を中国人の知り合いが教えてくれた。
そのお店の名はヒルマン。

シンガポールの名物料理と言っても過言ではないペーパーチキン。オイスター、醤油、チャイニーズワインなどで作る門外不出の秘伝のタレに長時間漬け込んだ鶏肉を、パラフィン紙で包んで油で揚げたもので、紙を開いていただきます。紙で包むことによって、肉汁とタレがたっぷり紙の中に充満し、旨みがしっかりと凝縮され、肉自体も柔らかくプリプリに仕上がります。一度食べたら忘れられない、ペーパーチキンはマストオーダーです。

引用元:

このヒルマンのペーパーラップチキン実は昨年2015年に大阪の難波に進出していたんですね。しらなかった。
そしてなんとこの3月に北区にもヒルマンが日本2号店を出店!なんで大阪で2店舗。しかも裏難波店のホームページには北新地店の事が一つも掲載されていない(汗)
と言うことで行ってきました。場所は梅新のアメリカ領事館の対面(むっさ簡単に言うと)
hiruru
中はオシャレなレストラン
hiru2
実はヒルマンのペッパーチキンは持ち帰りができます!お持ち帰りは8ピースから1,480円です。
hiru3

店名:HILLMAN (喜臨門 ヒルマン) 梅田店
〒530-0002 大阪市北区曽根崎新地1丁目7-30
電話:06-6346-5511
営業時間 17:00~24:00 (LO.23:00)

大阪市北区曽根崎新地1丁目7-30

The following two tabs change content below.
平井 裕三(管理人)
大阪市北区に住む梅田の北の住民。北区内の情報だけでなく、北区民が移動する範囲でみつけた面白いもん、歴史的価値があるものをできる限り調べて発表。元鉄ちゃんなので鉄分も多め。北区発行のフリーペーパーつひまぶの編集にも参加している。

スポンサーリンク


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

-食べる・のむ
-, , ,

Copyright© 梅田の北っかわ!(うめきた) , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.