町づくり

とある京都市内の公園のお話し

投稿日:

大阪の話ではないですが、1人でもこの公園を知ってる方に伝われば

京都市上京区にお寺の敷地内に公園があります。京都市がお寺から50年以上続いた京都市と日蓮宗本山・立本寺との土地賃貸借契約期間満了に伴い地域に親しまれてきた立本寺公園(仁和公園)が廃止されようとしています。

kouen
そこに4階建ての高齢者マンションが建つと言う計画が浮上。そのいきさつはこうだ

 2014年11月、平成26年度での借地契約期間満了に伴う新たな契約に向けての京都市と立本寺との話し合いにおいて、立本寺が契約更新に難色を示す。その主な原因の一つとして、賃貸料の問題があると思われる。京都市が立本寺に支払う賃貸料は2003年より年額100万円であったが、これは上京区の約1,800㎡の土地を考えると相場よりもかなり低い金額である。結局、この時は京都市が賃貸料の値上げを検討することを前提に低い賃貸料のまま契約が更新される。ただし契約期間はそれまでの3年間から1年間になる。
 2015年6月25日(木)、平成27年度での借地契約期間満了に伴う京都市と立本寺との話し合いがもたれる。京都市は借地契約の更新を申し出たが、立本寺から平成27年度で契約を打ち切る意向を示された。
 2015年7月16日(木)、検討の結果京都市から年額約770万円までであれば支出可能である旨、立本寺に申し出があった。さらに京都市からは借地契約の更新が不可能な場合、境内地の買収したい旨も打診があった。しかし、立本寺はこれを断った。
 2015年7月24日(金)、京都市からの電話での問い合わせに対して立本寺は役員会で、有料老人ホームの建設計画を進めるため、借地契約の更新を正式に断るとの返答を行った。翌25日(土)、京都市から再度電話で面談の要請があったが、立本寺はこれを断った。
 2015年8月4日(火)、京都市と立本寺の面談が三度もたれ、立本寺に対して再考、および公園廃止の場合の代替地の提供についての要請があった。立本寺からは更新を行わない意向が示されたが、できる限り敷地内での代替公園を確保するよう努力するとの発言があった。
このようなやり取りが市とお寺にあって、そして公園が4階建ての高齢者マンションになると言う話を地域の住民に説明したのが、2015年11月、京都市から仁和連合会(?)に対して仁和児童公園廃止の説明があった(ただし、この時点で文書の各戸配布などによる学区全体への周知は行われず)。同じころ、公園跡地を借り受け、老人ホームを設置する予定の業者による公園敷地内でのボーリング調査および、埋蔵文化財調査が行われた。2016年1月、広報誌『仁和だより』(?)に仁和児童公園廃止についての情報が掲載される。
この時以降にやっと住民がこのことを知った。そして
 2016年3月10日(木)、仁和会館で京都市による、公園廃止についての説明会が開催された。この説明会では、京都市みどり政策推進室と北部みどり管理事務所は「あえて」地域住民に立本寺との交渉の経過や結果を現在まで知らせなかったこと、そして交渉においては教育委員会や消防局など京都市の他の関連部局と連携をもたなかったことを認めた。

そして今現在これまで公園跡地に建設予定の有料老人ホームの建築主であるチャーム・ケア・コーポレーションは、公園廃止問題には第三者的立場であるとの認識であったが、ここにきてそうとも言えなくなってきている。3月10日の説明会の後、住民側から京都市への働きかけが効を奏し、業者の賃借料を上回る額の賃借料を京都市が提示してくれるところまできたが、寺がチャームケア社との仮契約解除を申し出たところ、チャームケア社はその代償として法外と思われる額の違約金の支払いを請求してきた。寺はこれを期限である2016年3月31日までに支払うことができず、このままでは公園が廃止されてしまう。

だそうである、
ここまでの記事は[竜本寺公園がなくなる]より

高齢者の施設を運営する会社にとっては地域との関係は大事です。ただほとんど決まりかけの問題を京都市がぎりぎりまで地域の住民に話をせずにいたためにぎりぎりになって建設中止を訴えられても企業としては困るのも事実。もう少し告知がはやければもっと具体化する前なら。。

この公園をなくしたくない方々が集まり立本寺(仁和)公園を愛する会を作って公園を残すように働きかけています。この問題関心がある方は是非下記のページもご覧ください。
Facebook:立本寺(仁和)公園を愛する会

The following two tabs change content below.
平井 裕三(管理人)
大阪市北区に住む梅田の北の住民。北区内の情報だけでなく、北区民が移動する範囲でみつけた面白いもん、歴史的価値があるものをできる限り調べて発表。元鉄ちゃんなので鉄分も多め。北区発行のフリーペーパーつひまぶの編集にも参加している。

スポンサーリンク


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

-町づくり

Copyright© 梅田の北っかわ!(うめきた) , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.