まち歩き 歴史

一言だけ願いを聞いてもらえる「いちごんさん」

投稿日:

葛城山のふもとにある一言だけ願いを聞いてもらえる「いちごんさん」

奈良の葛城山のふもとに神社がぽつんとあります。境内には大きな銀杏の木があります。
国道から神社に向かうと鳥居があります。
hitokoto1
階段をあがり
kaidan
本殿
hon
そして大きな銀杏の木
ityou
私はかつて一度この神社に「一言だけお祈りをしたことがあります」
hitokoto5
さてその願いがかなったのかどうか

全国各地の一言主神を奉斎する神社の総本社。古くは葛城山頂にあったのを山下に移したという。『古事記』や『日本書紀』によると、祭神の葛城之一言主大神は、第21代雄略天皇が葛城山で狩りをされた時に天皇と同じ姿で現れ、天皇が「お前は誰だ」と問いかけたところ、「私は善事も悪事も一言で言い放つ神である」と申され、天皇はひれ伏し、一緒に狩りを楽しんだと伝えられています。地元の人からは「いちごんさん」と呼ばれ、親しまれています。

名称:葛城一言主神社
住所:〒639-2318 奈良県御所市森脇432
電話:0745-66-0178

奈良県御所市森脇432

The following two tabs change content below.
平井 裕三(管理人)
大阪市北区に住む梅田の北の住民。北区内の情報だけでなく、北区民が移動する範囲でみつけた面白いもん、歴史的価値があるものをできる限り調べて発表。元鉄ちゃんなので鉄分も多め。北区発行のフリーペーパーつひまぶの編集にも参加している。

スポンサーリンク


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

-まち歩き, 歴史
-, ,

Copyright© 梅田の北っかわ!(うめきた) , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.