お店

大阪一入ることが難しい公衆浴場へ行ってきました。

投稿日:

銭湯好きな人の中で話題になるのですが大阪市港区にちょっと入るのが難しい公衆浴場があります。その名は南市岡田中温泉ちょっと変わった入浴施設なのである。

スポンサーリンク


その理由は一般の方は普通に入浴できない会員制の共同浴場なのだ。どうしたら入浴できるのだとうか。方法は2種類ある。

NPOの会員になる

1つは運営元の「NPOみなと」の会員になつ。年会費2,000円と1回あたり100円(記載によれば200円?)で入浴できます。一般の銭湯が400円を超える世の中で初期費用がいりますがかなりのお得感です。

地底旅行で食事する

もう一つは同住所内のレストラン「地底旅行」で食事をするという方法。食事をすれば入浴できるのではなく、食事をされる方の中で入浴を希望したい場合は200円払えば可能です、という制度があります。今回はこの方法で入ってきました。
まずは外観です。港区南市岡にそのお風呂はあります。外から見るとお風呂とかいう文字は一言もなく、市岡地ビールと地底旅行の看板だけが
ichi1
近づくとこんな感じ
ichi2
地底旅行で受付を済ませ、先に入浴する旨を伝えるとさっそく案内。
お風呂の入口はこちらです。受付に人がいてます。
huro
下画像は女湯の玄関です。
onna2
男湯はこの反対側です。
otoko1
入口近くにお湯がなみなみと出ています。
otoko2
一応公開できる画像はここまでにします(笑)感想としては足が痛いです。意味不明ですが行けばわかります
お湯はとてもぽかぽかでしばらくぬくもっています。
otoko4
あと温泉分析表がありました。この地下から出ているのは46℃の高温泉なのですね。ナトリウムイオンが多いようです。
onsen
この敷地は昔田中金属と言う工場がありました。今は倒産して社員用のお風呂が南市岡田中温泉に一部は地ビール工場そしてそのビールが飲めるレストラン「地底旅行」と天然温泉に入れるデイサービスなどを経営するnpoみなと合同ケアセンターが同居しております。そんなちょっとかわった温泉施設です。

【おまけ】
南市岡田中温泉すぐ近くに宝来湯と言う銭湯があったのですが8月30日で廃業されました。すぐ近くにこんなに安い温泉があるからでしょうか。
またすぐ近くの繁栄商店街はわいわい市場と言う手作り感満載のイベントがある商店街として人気があります。ただしあいの日は閑散としています。
その中の1件の前に「紙芝居・えほんしませんか」の紙が、聞きませんかではなくしませんかです。
kami1
つまりセットが置いてあるので紙芝居をする側になりませんかというもの。店のおっちゃんが娘に紙芝居せえへんかと言うも初めはもじもじしていましたが、そのうちにしたいと言って紙芝居を読み出しました。
kami2
とてもいい経験ができました。ありがとう!

名称:南市岡田中温泉
場所:〒552-0011 大阪市港区南市岡3-6-26
営業時間:17:00~22:00(日祝は13:00~21:00) 
定休日:水曜日
電話:06-6581-3898
入浴料:地底旅行で飲食すると1人200円で入用可能

大阪市港区南市岡3-6-26

The following two tabs change content below.
平井 裕三(管理人)
大阪市北区に住む梅田の北の住民。北区内の情報だけでなく、北区民が移動する範囲でみつけた面白いもん、歴史的価値があるものをできる限り調べて発表。元鉄ちゃんなので鉄分も多め。北区発行のフリーペーパーつひまぶの編集にも参加している。

スポンサーリンク


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

-お店
-, , ,

Copyright© 梅田の北っかわ!(うめきた) , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.