まち歩き 子育て

JRから見えるあの目といのちを大切にのお寺 @本庄西

投稿日:2015年6月24日 更新日:

今は木に隠れて見えにくくなったんですが、10年以上前は新大阪方面から淀川の鉄橋を渡ってすぐの左側にゲイラカイトのような目といのちを大切にと書かれた文字が書いてあるお寺があります。

スポンサーリンク


JRを利用したことある方は「あぁ」とどこのお寺のことかわかると思います。それくらい目につくお寺です。JRからではなく下から見るとこんな感じです。
教恩寺(さつき寺)
実はこのお寺の見学に関してはボニートーンの母良田さんにお願いして見学の旨を伝えてもらいましたが、当日は住職自らいろいろと説明をしていただくことになりました。恐縮です。
まずは本堂の阿弥陀如来様の前でお話を聞きその後あの目の建物へと案内していただきました。あの目は昔はとてもインパクトがありましたが、最近は町中にあるネパール料理屋さんが壁にあの目を書いていたりで慣れました。
教恩寺
北区にもヨドバシカメラの北側の道沿いにカトマンドゥカリー PUJA 梅田店の壁に描かれています。中崎町のカンティプールも描かれていますね。下の画像はカトマンドゥカリー PUJA 梅田店
カトマンドゥカリー PUJA 梅田店
近づいてみました。
教恩寺
中はこんな感じです楠の木一刀彫の観音様が
教恩寺
昔寺の境内に大きな楠があったそうです。その木を切らないといけなくなり切ったあと境内に木を保管していたところ何者かによって盗まれたそうです。その出来事を大変悲しんでいたところ台湾の仏師の方が木を一刀彫で掘って寄贈してくださったそうです。そしてこの観音様をお納めするのに建物を造ったのがこの建物で、先代の住職がネパールに行かれた後だったこともあって目を書かれたそうです。
そしてもうひとついのちを大切にですが、淀川の近くは今でも自殺のポイントだそうで、少しでも思いとどまってほしいとのこれも先代の住職の発案で書かれたそうです。実際この文字で思いとどまりましたとお礼を言いにこられる方もいたそうです。
そうだったんですか!
そしてさらなるサプライズが、平井さん鉄っちゃんなんですよね?と次に案内されたのは淀川を眺める絶景ポイントです。
淀川絶景ポイント
ここは本当にすごいです。気絶します。バリバリの鉄っちゃんやったら土下座して下宿させてくださいと頼んだかもしれません。淀川の写真は結構見ますが、この場所からの画像は貴重です。
淀川を渡るサンダーバード
長柄橋の方を望む
長柄橋
ここは私の知る限りのNo.1淀川ビューポイント!まさに平成の真田丸です!
本当にありがとうございました。そしてまた2階に降りてきました。そこへちょうどキハ189はまかぜが、じっとしておられずとりあえず写真をとると言う悲しき性。欲を言えば381系国鉄色が通ってほしかったっす
キハ189 はまかぜ
そしてなんと鐘をつかしてもらいました。
教恩寺
教えていただいたのですが、教恩寺(さつき寺)では年末大晦日に除夜の鐘をつけるそうです。しかも年越しそばの振舞いもあるそうです。
今年の年越しは是非教恩寺(さつき寺)へ!
貴重なお時間を割いてお話くださいました住職の埜田様ありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

名称:明鏡山 教恩寺
住所:〒531-0073 大阪市北区本庄西3-13-5

大阪市北区本庄西3-13-5

The following two tabs change content below.
平井 裕三(管理人)
大阪市北区に住む梅田の北の住民。北区内の情報だけでなく、北区民が移動する範囲でみつけた面白いもん、歴史的価値があるものをできる限り調べて発表。元鉄ちゃんなので鉄分も多め。北区発行のフリーペーパーつひまぶの編集にも参加している。

スポンサーリンク


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

-まち歩き, 子育て
-, ,

Copyright© 梅田の北っかわ!(うめきた) , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.