会社

マルシェの什器を造る会社MAEDA CRAFT @中崎町

投稿日:2015年5月31日 更新日:

Maeda Craft
中崎町にマルシェで使用するような木の什器を製造・販売する会社MAEDA CRAFTさんがあります。昔は前田製箱と言って梱包用の箱を作る会社でした。それが現在の社長のアイディアでクラフト事業部設置(木製生活雑貨製造販売開始)その後東急ハンズさんなどとも取引開始、また The Coca-Cola Company(USA)とライセンス契約締結されCoca-Colaグッズも製造されています。
そんなMAEDA CRAFTの前田社長にお会いしてお話を伺う機会がありました。中崎西にある本社・工場にショールーム・ショップが併設されています。そのショールームで実際の什器を見せてもらいながら説明をしていただきました。これがMAEDA CRAFTさんの主力マルシェの什器です。単なる裸の什器ではイメージがわきにくいので野菜のレプリカなど置いてマルシェのイメージを出しておられます。
MAEDA CRAFT
このマルシェの什器は単に見かけが良いだけではなく、売る物によって陳列だが手軽に変えられたり、マルシェなので分解、移動、保管が手軽にできるように工夫されています。そのアイディアは前田社長のこだわりで実際に商品を並べたりできたマルシェ什器を見学に行って現場の声を聞いておられるそうです。下画像はマルシェ什器でジャムなどの加工品を売るお店のセッティング例です。ディスプレイの小物も充実しています。マルシェでもお店でも商品を以下においしく、おしゃれに見せるかと言うのがマルシェでは大事なことだと改めて実感しました。
MAEDA CRAFT


3階は工場になっておりこちらも見学させていただきました。こちらでは大型什器から小物までそれぞれの工程がを見させていただくことができました。マルシェなどで使う木製品の塗装は食べても害の無い食品添加物としても認可を受けている塗料で塗装されているこだわりようです。
MAEDA CRAFT
2階のショールームはどなた様でも見学可能で、ライセンス契約のCoca-Cola関係の商品も並べてありますのでお気軽に行けます。また店舗などで販売されている方でもマルシェ関連以外でも看板や棚などもオーダーメイドで制作していただけるます。

MAEDA CRAFTさんで驚いたのは食品を並べたりする箱なので塗料にまでこだわっている点と、看板などのサインの文字は機械で切断しているのかと思ったら職人さんが手作業で切り抜いていらっしゃるそうです。中国製は安いですが耐久性がと言う方の依頼が増えているようです。一生使えるクオリティーならコスパも決して高くないし、きっちり作りこんだ製品はやはり高級感があるそうです。そんな話を聞きながら横にあったワイン箱を見ると確かに側面などは釘など使わずに見事に作っておられますね!
MAEDA CRAFT

名称:MAEDA CRAFT
住所:〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西4丁目1番26号
営業時間 8:30~17:00
(日・祝 休日、土曜日 不定休)
電話:06-6371-2771
FAX:06-6371-2743
ホームページ:MAEDA CRAFT

大阪府大阪市北区中崎西4丁目1番26号

The following two tabs change content below.
平井 裕三(管理人)
大阪市北区に住む梅田の北の住民。北区内の情報だけでなく、北区民が移動する範囲でみつけた面白いもん、歴史的価値があるものをできる限り調べて発表。元鉄ちゃんなので鉄分も多め。北区発行のフリーペーパーつひまぶの編集にも参加している。

スポンサーリンク


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

-会社
-, , ,

Copyright© 梅田の北っかわ!(うめきた) , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.